NISAは小額投資非課税制度という名前で小額であれば投資に関する税金が一部免除されるというものになります。これだけ聞けばすごく興味がわくかと思いますが、NISAにはそれだけでは始めてはいけないデメリットが存在します。

株式トレーダーからみたNISAの評価

2014年から導入されたNISAですが、これは個人投資家の拡大と資産形成のために導入されたものです。確かに株式の売却益や利息にかかってくる20%という税金がゼロになるのですから、その意義は大きいです。しかし、いざ利用してみると改善されるべき点は多いです。まず、その利用上限額は年間100万円に限定されているという点です。これは100万円の範囲内で1年間売買できるというものではなく、一旦使ってしまえばそれで終わりということです。例えば、60万円の株を買って売却すれば、その年に使えるのはあと40万円しかないということです。これでは100万円以上の大型株は購入できませんし、アベノミクスによって株式の価格が全体的に値上がりしている中では、購入できる株の数が少なくなってきます。特にデイトレーダーには不向きです。次に損益通算ができません。通常ですと、30万円の利益が出たものと20万円の損失が出たものは合算して10万円の利益になり、年間に支払う税金は約2万円になります。しかし特定口座で30万円の利益が出てNISA口座で20万円の損失が出た場合、合算は不可となっていますので、年間に支払う税金は30万円部分にかかってくる分となり、約6万円となります。つまり、前者は合計8万円の利益となるのに対して、後者の場合は4万円しか利益が出ないことになります。さらに、このNISAは最大で5年間利用できますが、言い換えれば、5年後にはどうするか考えなければならないのです。例えば100万円で購入した株が5年後には50万円になった。NISA期間終了なので特定口座に移管した。その後80万円に上昇したので売却した。この場合、50万円から80万円へ30万円株価が上昇したので約6万円の税金がかかってきます。本当は20万円の損失が出ているのにです。このように、問題点は色々あるので注意して利用しなければなりません。