NISAは小額投資非課税制度という名前で小額であれば投資に関する税金が一部免除されるというものになります。これだけ聞けばすごく興味がわくかと思いますが、NISAにはそれだけでは始めてはいけないデメリットが存在します。

埼玉りそな銀行でNISAの利用と株価にも注目

NISAは1人あたり毎年100万円まで(2016年から120万円になることになっています)配当と、株を売った時の値上がり益について税金が免除されるという制度です。この範囲内で取り引きする場合にはNISAを利用するのが得策です。埼玉りそな銀行のような銀行の場合は株の売買ができないですので、埼玉りそな銀行でNISAの口座を作って買うのは投資信託です。投資信託にはいろいろな種類がありますので、株と投資信託それぞれに分けて投資していくといいです。銀行が上場企業の場合は、その銀行自体の株を買えるわけですが、埼玉りそな銀行は現在、ホールディングスという形の持株会社の、子会社ということになっています。なので今埼玉りそな銀行系の株に投資する場合は、親会社の持ち株会社で、ホールディングス名の方ということになります。この持株会社は二つの大きな銀行グループが統合した形でして、その傘下に埼玉りそな銀行やその他の地方銀行が入っています。グループとしてたくさんの商品を持っていますので、投資信託など多彩なものがとても好調です。もともと住宅ローンなどにも定評がありましたし、株価も右上がりに伸びている状態です。また、この持株会社ではアセットマネジメント会社を設立し、この事業に力を入れ始めました。アセットマネジメントとは株などの本来の持ち主の顧客に代わって運用を任されることです。運用してみたい財産があっても時間がなかったり、専門的な運用知識がなくそのままになっているようなものは多いと思われますので、この事業は有望です。この持株会社は海外の大手金融会社が何社も大株主になっていますが、海外の投資家に向かって商品を作ることも始めました。もともと株価は高いですが、国内外でさまざまな商品が好調ですので、今後の株価にはさらに期待ができます。